ローレンからのメッセージ                          2021年12月4日

日本の皆様へ

もう日本に行けなくなってから2年が経ちます。この2年が永遠のように感じています!皆さんにお会いできないのが本当に淋しく思います。2022年春か、遅くとも夏にはまた日本に行けたらなと思っています。

皆さんに最後にお会いしてから、私個人も、そして世界も、いろいろなことがありました。私の一番の大きな変化といえば、家族と共にアメリカのオレゴン州からイギリスへ戻ってきたことでしょうか。私たちは今、イギリス南西部、トーキーという美しい海辺の町にいます。私たち家族の最高の犬アリ―も一緒に越してきました。この町での生活を楽しんでいるようです。アリーには、引っ越しの前と後にコミュニケーションでしっかり話をして、アリーの新しい生活が素晴らしいものになるよう、できることはすべてできたと思っており、私自身がアリーに話ができたということに感謝しています。

Torquey.png
Torquey.jpg

皆さんにまだ直接お会いすることはできませんが、遠隔でアニマルコミュニケーションのセッションを行うこともでき、私とアシスタントの片庭(取次と翻訳)とで長年行ってきたことですので、必要な時にはいつでもお申込みください。
詳細を”メールセッションのご案内”ページからご覧になり、”動物への質問フォーム”に記入いただければ完了です。

最後に、長年のクライアント様であり、良き友人でもあるT様から、最近いただいた遠隔アニマル・コミュニケーションについてのコメントを最後にご紹介いたします。もし遠隔コミュニケーションにご不安がある方はご参考になさって下さい。

”ローレン先生に初めてアニマルコミュニケーションをお願いしてからもう十年以上になります。今まで数え切れないほど何度も、そして何匹もの動物たちがお世話になりました。
そのほとんどが遠隔での依頼ですが、対面と全く同じ感覚で動物達とお話
して下さり、毎回必ず大きな発見と感動があります。
動物たちの本心や希望を聞くことで、より幸せな選択が出来ること。
本当に素晴らしいです!”

Allie.jpg

それでは皆さん、次にお会いできる日まで、大事なご家族と動物と、どうぞ安全に、健康に、日々をお過ごしくださいませ。